2018

M-113
 ホンダ NSR250 ‘バーガンディ’

NSR250の外装一式へキャンディフレークペイントです。 レッドとブラックのツートーン。 FRPの劣化でクラックの補修からのペイントでした。 ベースにメタリック、ミニフレーク。 その上にロスフレークの3層になっています。 写真では良い感じに撮影できていませんが、ブラックはロスフレークにキャンディブラックがかかっています。 クラッチカバーもペイントです。 今回のキャンディレッドはバーガンディです。 […]

46 Shares 続きを読む ≫
2017

M-104
 ハーレーダビッドソン ロードキング フレイムス

ロードキングへオールペンです。 タンクとフロントフェンダーは前回からピンラインの色を変更しました。 サドルバッグの下、独立で立たないので上下さかさま写真。 サイドにフレイムスが入っています。 サドルバッグ上、フタにはトップ・外サイドへフレイムス。 丸穴にはスピーカーが仕込まれます。 スピーカーから生えるようなフレイムスのデザインです。 リアフェンダーはシートからナンバープレートまでフレイムスです。 […]

60 Shares 続きを読む ≫
2017

M-092
 ハーレーダビッドソン 02FXDX フレイムス

FXDXのオールペン。 タンク、前後フェンダーにフロントカウルです。 ゴールドフレイムスに赤ピンライン、ソリッドブラックで引き締めてあります。 交差した下にシャドーを入れ立体感を♪ 色味はシンプルなフレイムスですが、交差するデザインで個性を出しています。 ベースのフレークはMフレークを下に吹いてあり、Fフレークの隙間にキラキラ感を与えています。 左右対称のイメージのフレイムスですが、フロントフェン […]

71 Shares 続きを読む ≫
2015

M-066
 ハーレーダビッドソン 04FLHRC

ロードキングへオールペン。 ラップペイントとソリッドブラックのツートーンにシルバーリーフのグラフィック。 リーフグラフィックはキャンディカラーではなく、ソリッドカラーを薄く重ねたボカシ仕様。 シルバーに見えるところも薄らとブラックをかけて1トーン落としています。 サイドカバーへはシンプルに。 見え難いところにもこだわりのグラフィック。 一風変わった形状のフロントカウルはネス製。 迫力を出すために他 […]

59 Shares 続きを読む ≫
2014

M-063
 カワサキ エストレヤ チョッパー

ライドとのコラボカスタムエストレヤ。 ナセルがポイントのチョッパーです。 YAMAHAのタンクをハイマウント加工したものをパテによるモールディングで立体加工。 今回は展示用ということでシートにもモールディングしペイントを施しています。 タンクキャップにもモールディングで立体をつけペイント。 形状を活かすためにキャンディカラーは2色にソリッドブラックで締めてあります。 赤スポークに赤ローター。 何気 […]

82 Shares 続きを読む ≫
2013

O-045
 便座 役小角の鬼退治の物語。

テーマは奈良県の昔話。 役小角(えんのおづぬ)の物語です。 バックになるグリーンとオレンジ部はさりげなくクリアースピニングが入って神々しくしてあります。 この人が役小角。 修験道の祖と言われている人物、実在したそうです。 生駒山で悪さをしていた夫婦の鬼。 赤鬼が夫の前鬼。 そして青鬼が妻の後鬼。 役小角の必殺技?不動明王の秘法で鬼達を捕まえたそうです。 不動明王のバックは和柄。 座るところにもカス […]

41 Shares 続きを読む ≫
2013

M-057
 ハーレーダビッドソン FLST

FLSTカスタム車両のカスタムペイント。 タンク、前後フェンダー、チンスポイラーの4点。 シンプルなグラフィックスですが、光が当たるとラップペイントが現れます。 バープル(Burple)とパープル(Purple)の2色を使うことにより角度や光の加減で紫から青紫になったりします。 チンスポは裏面もグラフィック。 チラッと見えるチラリズムなペイントになっています。 CLIENT HARLEY-DAVI […]

34 Shares 続きを読む ≫
2012

M-046
 ハーレーダビッドソン 80FLT 西遊記

三度目のお色直しのマイショベル。 テーマは「西遊記」です。 という訳で、タンクトップには孫悟空。 タンク右に猪八戒。 タンク左には沙悟浄。 沙悟浄が河童なのは日本独特で原作では僧侶。 フロントフェンダーは三蔵法師。 リアフェンダーには牛魔王。 シートを囲うように火焔山をイメージしてフレイムス。 アップで見るとこのようなグラフィックが入っています。 ラインは筆を一切使っていません。 全てマスキングで […]

41 Shares 続きを読む ≫

by AMEIRO