2018 03/22 表マットでFRP補修の手順

ペイントワンポイント
IMG 20180316 085043 164x164 - 表マットでFRP補修の手順

FRP製品にはクラックはありがちなトラブルです。 ピキピキッっと入ったクラックの補修です。 まずは旧塗膜を剥離します。 FRPにリムーバーは使えないのでペーパーで根気よく研いて剥離ます。 反対側の方がひどかったです。 マット層まで深いクラックが入っていました。 パリパリと剥がせるだけ剥がします。 内側に引っ張る力に負けてのクラックなので裏からマットで補強してもあまり意味があ

21 Shares 続きを読む ≫

2013 12/16 塗装タレの修正の手順

ペイントワンポイント
756466959 164x164 - 塗装タレの修正の手順

塗装したことある人なら経験あるタレ。 季節の変わり目なんかにやってしまうタレ。 タレちゃうと結構凹むんですよねぇ~。 ってことでタレた時の対処法でっす! 最後の最後トップコートクリアーのタレの修正手順です。 こんな感じで派手にタラしてしまいましたぁ うわっ!タレた!!っと諦め完全乾燥、硬化するまでほっておきます。 ポッテリとタレてしまっているので、カッター刃で粗削

25 Shares 続きを読む ≫

2013 09/29 FRP シートベースの延長の手順

ペイントワンポイント
796314930 164x164 - FRP シートベースの延長の手順

ペイントワンポイント第6弾。 ペイントネタとはちょっと違うけど・・・ FRPのシートベースの延長です。 本来は車体に現物合わせするべきなんだけど、今回は事情で「だろう」延長。 ダンボールを適当なサイズに 離型剤の代わりのパールテープでダンボールをコート。 っぽい形にカット。 シートベースにダンボールを固定。 追加で

10 Shares 続きを読む ≫

2013 06/03 プラリペア 穴埋め補修の手順

ペイントワンポイント
700849424 164x164 - プラリペア 穴埋め補修の手順

ペイントワンポイント第五弾。 プラリペアによる穴埋めです。 まずは埋める穴を裏表テーパーに。 ウチでは念の為に一手間加えています。 ヒートリペアで電熱ピンを十字に溶かし込む。 ヒートリペアはちょこっと補修には高価過ぎ~! そんな時は、針金を半田ゴテで熱を加えて溶かし込んでも同じ効果が得られます。 お試しあれ。 飛び出てるピンを落とす。

続きを読む ≫

2013 05/04 FRP 穴埋め補修の手順

ペイントワンポイント
1834861837 164x164 - FRP 穴埋め補修の手順

ペイントワンポイント第四弾。 FRPの補修、穴埋めです。まずは埋める穴の周りを足付けします。 裏からの補修になるので、裏面はしっかりと足付けを。 次に穴の断面処理。 写真では分かり難いけれど、テーパー状に広げます。こんなイメージで裏表からザグリします。 表からマスキングテープなどで当てを作って いよいよFRPの登場。 今回はφ8弱の穴が5つだったので少量のポリエステル樹脂主剤をカップに。 タルク

続きを読む ≫

2013 02/25 ラップペイントの手順

ペイントワンポイント
DSC07989 164x164 - ラップペイントの手順

ペイントワンポイント第三弾はラップペイントでっす。 オーソドックスにソリッドブラックベースにメタリックのラップペイント。 まずは下地作成しソリッドブラック。 完全硬化してから足付けをして準備完了です。 サランラップも程よいサイズで程よい枚数を用意。 塗り手の個人差もあるけれど、ウチの場合はシャバシャバメタリックを使います。 塗料にもよりますが、メタリック:シンナーの割合は

1 Shares 続きを読む ≫

2013 02/08 ワコーズ
 タンクライナーの手順

ペイントワンポイント
722474527 164x164 - ワコーズ タンクライナーの手順

ペイントワンポイント第二弾! ってことで普段は見えないトコロ編「タンクの内処理」 タンクのコーティング剤の手順です。 ワコーズのタンクライナーを使用します。 マスタングタンクを例に進めて行きまっす! 写真を撮り忘れてしまったんだけど、まずは内側の下地処理をしっかりしましょう。 下地処理とはサビ取りと脱脂。 専用のサビ取りは少々お値段が高め、まぜるな危険のサンポール

1 Shares 続きを読む ≫

2013 01/16 ラインテープの曲げる手順

ペイントワンポイント
116 164x164 - ラインテープの曲げる手順

ペイント教えて~!って問い合わせが多くなってきたんで、いつまで続くかペイントワンポイントのコーナー。 こんなこと知ってるし!って突っ込みはナシでよろしくです。 記念すべき一回目はラインテープのちょっとしたコツです。 ◆ラインテープの曲げるコツ◆ ラインテープの材質はビニール。 その特性を利用してRを引いていきます。 ビニール質なので気温に結構左右されます。 暖かいと曲がりやすく、寒いと曲が

続きを読む ≫