2013 01/25 スパムメールが送信された件の対策について

お詫び

昨晩、自分のGmailの登録されていた連絡先にスパムメールが送信されてしまいました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

自分のアドレスから不審なメール(本文にURLのみ記載)を受け取った方は、リンクをクリックしないで削除して下さい。

知り合いから「お前のメールアドレスから英語だらけの変なメールが来てるで!」と連絡があり発覚しました。

何が起こったのか?メールを見てみると自分宛てにも身におぼえないメールが届いていました。

大変なことが起こっていると調べてみると昨年末あたりから流行しているらしい「Gmail乗っ取り」と言うヤツのようです。

応急処置でGmailパスワードの変更で登録されていた全ての人に送信されるまでに途中で一旦止まった模様です。

あるサイトで
「攻撃者の目的は迷惑メールの本文に特定のURLだけが記載されていて、このURLのWebサイトに誘導することがだったと考えられる。同サイトは現在では閉鎖されている。件名には何も書かれていない。」
とのこと、ウイルスメールではないのが今回の件で唯一の救いです。

でも、一応念の為にメールのリンクはクリックしないで下さい。

今回の件は「安心」が一番の原因だったと思います。
Gmailを使うまでOutlookでした。
開くたびに迷惑メールだらけで困っていました。

そんな時に知り合いのおススメでGmailに移行。
迷惑メールが激減!というか0になりました。
噂以上のセキュリティーに感激していました。

安心してしまいました・・・。

自分と同じように安心してしまっているGmailユーザーの方に自分の行ったセキュリティーの強化を記載します。

◆2段階認証◆

同じ被害にあった場合はまずパスワードの変更。

次にGmailの2段階認証の設定をします。

「設定を開始」をクリック

携帯のメールアドレスを入力して「コードを送信」をクリック

携帯アドレスに確認コードが送られてきているのでそれを入力、「確認」をクリック

「□このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する」の有無を決める。
チェックを外すと自分しか使わないパソコンでも毎回確認コードの入力が必要になります。
毎回違うコードが登録した携帯アドレスに送られてきます。

◆アプリケーション固有のパスワード◆

自分の知識では今回の不正アクセスが何処から侵入してきたのか分かりませんでした。
これも調べてみると危険要素となることがありました。
フェイスブックやツイッターです。
交流関係を広げるのが目的のSNSのメールアドレスから友人を探す機能が良くないようです。

今回の一件でネットの怖さを痛感しました。
知り合いなどから見つけてもらい難くなるけれど、連絡先情報を連絡先がない捨てアドレスに変更しました。

SNSでgmailの登録が外せない人の参考になればと「固有のパスワードの設定」を紹介します。

ログインするとこの画面が現れます。
とりあえず「アクセスを取り消す」をクリック全部消します。

「アクセスを取り消す」をクリックすると赤字で消したアプリを表示してくれます。
下のほうへスクロールするとパスワードの設定があります。
設定と言っても任意の名前を入力して「パスワードを生成」をクリック。
すると16ケタの固有のパスワードが表示されます。
1つのアプリに1つだけのパスワードになるのでアプリごとにこのパスワードを登録して行く。

◆最後に◆

今回の件でご迷惑をかけてしまった全ての人にお詫びお詫び申し上げます。
いつか行ってみたいバイク屋さんとかも登録していたので何の面識のない所へも送信されてしまい心から反省しています。

今後この様なことが起こらないように次なる対策も検討して行こうと思っています。
皆さまこれからもお付き合いの程よろしくお願い致します。

 

飴色塗装店
波多野 聡

INFORMATION

 

10月の休み
11,14,21日

 

飴色塗装店
〒630-0243
奈良県生駒市俵口町218-3

ブログ更新通知を受け取る


コメント投稿




CAPTCHA